キューブシステムの特徴

私たちが、設立当初から大切にしてきたこと――それは、“高度な問題意識に基づく、創造的なコミュニケーション”でした。一つひとつ要望の異なるユーザーの声に耳を傾け、その背景にある業界環境や業務内容を学び、問いと提案を繰り返しながら、ITやシステムといった技術論にとどまらない、本質的なソリューションを提供してきたのです。

その長年にわたる経験を通じて培った豊富な知見・ノウハウは、現在、「MVP」「ACR」という独自の経営手法へと結実しています。

「MVP」とは

More Valuable Project-Management(PM力強化)高度なプロジェクトマネジメント手法によって More Valuable visible Peformance (技術サービスの見える化)コスト・品質の「可視性」を高めるとともに More Valuable Promise (ビジネス形態のVer.up)システム価値の維持・向上を継続的に支援

ITと経営は今や切り離せない関係となり、企業活動のありとあらゆるフェーズがシステム上で統合されるなど、システム構築に求められる要求はますます高度化・複雑化しています。キューブシステムは、提供するサービスの高付加価値(More Valuable)を目指し、3つの観点からのサービス強化に取り組んでいます。

ACRとは

ACR(Advanced Customer Relationship)

顧客満足とは、結果ではなく、創り込んでいくもの――こうした考えに立ち、キューブシステムはお客様との信頼関係を“一歩先の信頼”へと高めるための「ACR(Advanced Customer Relationship)活動」を展開。顧客の経営戦略・事業計画をもとに具体的な目標を設定するとともに、プロジェクトの詳細な計画と遂行状況、結果の検証、今後の計画までを都度総括し、「ACRレポート」として顧客へ提案しています。