次世代育成支援

東洋大学における寄附講座開設

 学校法人東洋大学 白山キャンパスにて、地域・情報・エネルギーに関する寄附講座を開設いたしました。本寄附講座により、「地域・情報・エネルギー」に関する問題解決力やグローバル化、地域への貢献を担える人材育成の一助となることを期待しています

講座名称 株式会社キューブシステム「地域・情報・エネルギー寄附講座」
開設場所 学校法人東洋大学 白山キャンパス
授業担当教員 荒巻 俊也 教授(国際地域学部国際地域学科)
開設期間 2016年4月1日~2019年3月31日の各秋学期
設置目的

 近年情報産業分野においては、ビッグデータ処理への期待・IOTへの志向、電力自由化への対応等を背景に、地域創造・活性化の基盤として、まさに社会システムとしての期待が高まっており、広範な産業分野と行政、教育関係者との産官学連携によりその具現化が求められております。そうした中、関連省庁・地域行政、企業との連携の下、各回異なった知見をもつ講師を招き、国内はもとより、国際社会における地域・情報・エネルギー分野の課題と動向を理解するとともに、情報産業、エネルギー産業と地域社会の関わりについて学び、各自の能力を養います。

 また、キューブシステムの海外子会社へのインターンシップを継続的に実施していくことで、国際感覚や海外ならではのビジネスシーンを経験し、グローバル人材の育成にも努めてまいります。

 2016年5月25日、株式会社キューブシステムによる地域・情報・エネルギーに関する寄附講座の開設セレモニーを白山キャンパスにおいて開催しました。

 セレモニーでは、学校法人東洋大学理事長の福川伸次氏、キューブシステム 代表取締役 社長の﨑山收が挨拶を行い、授業担当教員の荒巻俊也教授が、セレモニー出席者に向けて新たに開設した寄附講座・インターンシップの説明を行いました。

寄附講座1 寄附講座2
写真右:キューブシステム 代表取締役 社長 崎山 收 写真:国際地域学部国際地域学科 荒巻 俊也教授
写真左:学校法人東洋大学理事長 福川 伸次氏

東洋大学 寄附講座の一環として「1day Internship」開催

 2017年11月、昨年度に引き続き、東洋大学 寄附講座の一環として「1day Internship」を開催しました。
 このインターンシップでは、寄附講座の当社講義に則して、地域・社会に役立つシステムの構築、体験することを目的としています。

 当日は、グループに分かれて地域・社会に役立つシステムのアイデアソン(アイデア抽出)を行った後、さまざまなセンサー機能を持ったブロック“MESH※”を使ってIoT(モノとモノをインターネットでつながる)を模したシステムを構築し、最後に発表・評価を行いました。

 今後も、次世代育成支援に貢献してまいります。

 ※ “MESH”はソニー株式会社の登録商標です。

インターンシップ1 インターンシップ2
写真:アイデアソン(アイデア抽出)の様子 写真:グループ発表の様子
インターンシップ3 インターンシップ4
写真:最優秀アイデア発表の様子 写真:集合写真

ファミリーデー2017を開催

 当社では、日ごろ支えていただいているご家族への感謝と、「会社」と「仕事」について理解を深める機会として、「ファミリーデー」を開催しております。

 2017年は、会社説明会やオフィスツアーなどに加え、弊社独自でpepperとの名刺交換やベトナムに関するクイズ大会、NAOによる上海キューブの会社説明やじゃんけん大会を実施しました。ロボットを通して、当社の仕事の内容を理解していただけるプログラムなどを実施しました。

 今後も、社員がいきいきと働ける環境づくりを目指し、継続して実施してまいります。

ファミリーデー1 ファミリーデー2
写真:会社説明会の様子 写真:オフィスツアーの様子